ヘアカラーで見た目のイメージもずい分と変わる

個人差はありますが、30代後半からチラホラと目立ってくる白髪は、おしゃれを気にする女性にとって大きな悩みの一つです。定期的に美容室に行ってケアするには時間もコストもかかります。そうかといって、市販されているカラーリング剤での自宅染めは、コストが安価な反面、手間とテクニックが必要な上、使用後の洗面所やお風呂場の掃除が大変など一長一短です。そして、自宅染めは美容院に比べ仕上がりがいまひとつだったり、自己流ケアの為に髪の毛を痛めがちです。では、コストを掛けずに自宅で気軽に染めることができ、なおかつ痛まないヘアカラーはないのでしょうか。最近では、雑誌やテレビCMなどで頻繁に広告されている、お風呂でシャンプーした後、普通にトリートメントするだけで徐々に髪の毛が染まっていくという商品が話題のようですがどうなのでしょうか。使用者の評価はまちまちで、普段使いが出来るから簡単で手頃な反面、カラーをした時のようには色が入らないというコメントなど様々です。しかし、カラーをした時のようなパサつき感は全く無いらしく、そういう面からは高評価を得ているようです。こうしてみると、全てを網羅した商品はなかなかありませんが、いつか希望にかなう商品をメーカー側には開発してもらいたいと切に願います。

白髪を染めたり髪の色を明るくしたり等、ヘアカラーで見た目のイメージもずい分と変わります。ただ、カラーリングをするとどうしても髪の毛に負担がかかってしまい痛みやすくなります。きちんときれいに染まるようにヘアカラーの染料を髪の芯まで浸透させる必要があり、そのために髪の毛がパサついたり痛みやすくなってしまいます。ですから、染めた後のヘアケアが重要になってきます。トリートメントなどで髪の内部に潤いをあたえるようにしましょう。最近では痛まないヘアカラーも市販されています。タンパク質を補給するものやトリートメント成分配合のものは髪の毛が痛まないように配慮されているので、ダメージが気になる方はこのような商品を選ぶと良いでしょう。美容室でカラーリングするのもおすすめです。その道のプロですし、染毛用の薬剤も日々進化しているので、髪の毛にダメージが及ばないよう最大限努力してくれるはずです。ネットでの口コミ情報も充実していますので、自分のお気に入りのヘアーサロンがみつかるはずです。

髪の色を手軽にかえられるヘアカラーを自宅で月に一度ほど楽しんでいます。気分が変わるので愛用しているのですが、悩みの種となるのが髪の痛みです。確かに何度か染めている内に髪にツヤがなくなったり、ゴワゴワした感じになるようで気になっていました。そこで痛まないヘアカラーとはどんなものなのかを調べてみました。髪を染めることで痛む原因は、染めている間に髪にとって大切なアミノ酸が抜けてしまうことによるものだそうです。このことを考慮すると、髪の毛を染める前後にアミノ酸を補給するタイプの物を使うのが良いということが分かりました。そもそもヘアカラーというのはキューティクルを開かせて色を入れる仕組みのようで、若干の髪の痛みは避けて通ることが出来ないそうなのです。今までカラーをした後はそのまま何もしないままでいた私。これからは低刺激 白髪染め用のヘアケア製品などをしっかり使って痛みを最小限に抑える努力をしようと思います。